• こころ館研究員

赤ちゃん連れで来れるママの学び場


ホームページリニューアル記念すべき初のブログです。

(まだまだ工事中のページもあり、ご迷惑をおかけしています!)

昨日、午前は赤ちゃん連れで学べる「ママ朝研究室」、

午後からは、早3年目の学びに入ったわたし研究0期生たちの

「わたし研究室」と、一日に2つの講座でした。

初のブログは、「ママ朝研究室」のことを紹介させていただきます。

第3回目になる「ママ朝研究室」、

7月の講座では、首がまだ座ってなかった子がハイハイしかけてたり、

ハイハイしてた子は、もう伝い歩きが出来るようになってたり、

この位の時期の成長は本当に早いですね。

今回の講座は、「コラージュワーク」で “わたし”研究。


たくさんの雑誌やチラシや冊子から、

なんだか気になったり惹かれたりするページや写真、イラストを、

頭で考えずに直感に従って選び、ペタペタ無心で貼っていく。

ハサミやカッターで切り取ってもいいし、

手でビリビリ破るのもOK。


ぐぐっと一瞬で入り込んでみなさん真剣。

その間、ママの背中にしがみつきにいく子。テーブルの上の雑誌が気になり、

そこに寝転がりに行く子。現場はてんやわんや。

しかしさすがのママたち。さほど気にも止めず、黙々と作業に没頭。


出来上がった後は、2人一組になりインタビューワーク。

「なぜ、無数にある雑誌や冊子の中からその写真を選んだのか?」

1枚1枚写真に意味付けをし、気持ちの整理をしながら話していただきました。


話しながら「もしかして私、こんなことを望んでいたかも!」と、

気持ちが次から次へと上がってきます。

インタビューワークの最後に、もう一度自分の作品を俯瞰していただく

時間を取りました。

その作品に「タイトル」をつけるとしたら、どんなタイトルになるのか?

今度は全員でシェア。

ひとりひとり個性的な作品が仕上がりました。


←この作品は、

『中庸な感覚で不均一な生き方がしたい』

デザイナーである彼女を象徴するような

タイトルがつきました。面白い〜


←この作品は、

台紙から、大幅に手切りの写真がはみ出して、ダイナミックな仕上がりです。

もの静かな印象のこのママからは、想像のつかない大胆な作品、まだまだ誰も知らない引き出しがありそう。

「直感で選ぶ」というルールを忘れて、

「あれが欲しいこれが欲しいと、直感に従うのではなく

欲しいものを探しにいくような選び方をしてしまっていた。

常に私は何かを欲している。」

と感想を言ったママの作品タイトルは “ないものねだり” 笑


←ちなみに、これは私のコラージュ。

写真や画像よりも、目が行くのは言葉。ピックしたのは、

『人生フル』『WAKU』『エロス』

頭で考えずにパッパッパと選んだ言葉たちです!笑

強面の仏様の顔には、なぜかベールを着せたくなり、薄い紙を貼りました。

私の中には、こんな怖い顔した部分があるけれど、お腹とは裏腹に顔ではニコッと笑ってる。まだまだ人の目を気にして本当の「私」を隠そうとしてる自分がいる。

まだまだだなぁ〜。

会の終わりのチェックアウトでは、こんな感想を聞けました( ^∀^)

○前に一度コラージュワークをやったことがありましたが、その時のようなやらされているような感覚は無く、没頭してしまっていた。自分自身が気づいていなかった自分のやりたいことに思いがけず気づけて面白かったです。

○「伝達者になりたい」というタイトルに至ったのですが、「過去から未来、また土地から土地に伝えていくような人になりたい」と、自分が未来にやりたいことが

コラージュワークで今日明確になりました。

「公園では出来ない当たり障りのある話、しませんか?」というのが、

この「ママ朝研究室」のキャッチです。

安心して自分の話ができる場所、真摯に耳を傾けてくれる仲間たち。


他では聞けない話をみんなでディスカッションする学びの場所、

それが「ママ朝研究室」です。

毎回完結型で、いつでも単発で参加していただけます。

全5回の講座は、11月が最終です。

次回は、10月27日(金)場所はムモクテキカフェのあるビル

3Fムモクテキホール10:00〜です。

詳細はお問い合わせフォームよりお尋ねください。


0回の閲覧